コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯原ダム ゆばらダム

2件 の用語解説(湯原ダムの意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕湯原ダム(ゆばらダム)


湯原湖(ゆばらこ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯原ダム
ゆばらだむ

岡山県北部、真庭(まにわ)市の旭(あさひ)川本流にあるダム。1954年(昭和29)中国電力が築造したコンクリート重力ダムで、高さ72.5メートル。人造湖の湯原湖の有効貯水量は8600万立方メートル。第一発電所の最大出力は2万6600キロワット。ダム下流に湯原温泉がある。2006年(平成18)大雨によるダムの放水で、露天風呂や泉源が一時水没した。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯原ダムの関連キーワード火口原湖檜原湖松原湖粥腹檜原湖・桧原湖真庭湯腹白バラコーヒー湯原[町]湯原[温泉]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone