湯原温泉(読み)ゆばらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯原温泉
ゆばらおんせん

岡山県北部,真庭市中北部の湯原旭川沿いに位置する温泉。美作三湯の一つ。泉質単純泉泉温は 35~51℃。神経痛,リウマチむち打ち症によく,国民保養温泉地に指定。旭川の渓流は景色がよく,近くに人工の湯原湖があってレクリエーションに好適。蒜山高原 (→蒜山 ) への観光拠点でもある。河原に湧く砂吹湯は有名。湯原奥津県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯原温泉
ゆばらおんせん

岡山県北部、真庭(まにわ)市にある温泉。10世紀に播磨書写(はりましょしゃ)山の性空上人(しょうくうしょうにん)が開いたと伝え、美作三湯(みまさかさんとう)の一つとして知られる。泉質は二酸化炭素泉。湯原ダム下流の河原には野天の温泉もある。民俗資料館、独楽(こま)の博物館などがある。また、1989年(平成1)2キロメートル南方に下湯原温泉が湧出(ゆうしゅつ)した。JR姫新(きしん)線中国勝山駅からバスの便がある。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯原温泉の関連情報