コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯原 ゆばら

2件 の用語解説(湯原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯原
ゆばら

岡山県北部,真庭市中北部の旧町域。中国山地山あいの旭川上流域にある。 1940年町制。 1955年二川村と合体。 2005年北房町,勝山町,落合町,久世町,美甘村,川上村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯原
ゆばら

岡山県北部、真庭(まにわ)郡にあった旧町名(湯原町(ちょう))。現在は真庭市の中北部を占める地域。旧湯原町は、1940年(昭和15)町制施行。1956年(昭和31)二川(ふたかわ)村と合併。2005年(平成17)北房(ほくぼう)、勝山(かつやま)、落合(おちあい)、久世(くせ)の4町および美甘(みかも)、川上、八束(やつか)、中和(ちゅうか)の4村と合併して市制施行、真庭市となった。旭(あさひ)川上流の中国山地に位置し、米子(よなご)自動車道が通じ湯原インターチェンジがある。国道313号が通じる。二川地区は湯原ダムの築造で主要部分が水没した。古代からたたら製鉄が行われた地。平地に乏しく、林業やシイタケ栽培が行われる。かつては木地師の里として知られ、木地玩具(がんぐ)を中心とした独楽(こま)の博物館がある。旭川に沿って湯原温泉のほか、下湯原、真賀(まが)、足(たる)、郷禄(ごうろく)などの温泉があり、国民保養温泉地に指定されている。旭川は特別天然記念物オオサンショウウオの生息地としても有名で、保護センターがある。[由比浜省吾]
『『湯原町史 前・後編』(1953、1958・湯原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湯原の関連キーワード岡山県真庭市岡岡山県真庭市上岡山県真庭市組岡山県真庭市神中和〈村〉岡山県真庭市中岡山県真庭市中河内岡山県真庭市中島岡山県真庭市中原美甘〈村〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湯原の関連情報