コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯原 ゆばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯原
ゆばら

岡山県北部,真庭市中北部の旧町域。中国山地山あいの旭川上流域にある。 1940年町制。 1955年二川村と合体。 2005年北房町,勝山町,落合町,久世町,美甘村,川上村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。温泉が多く,湯原温泉は有名。温泉熱を利用した野菜栽培にも力が注がれている。かつてはたたら製鉄も行なわれた。古くからウシの飼育が盛んで,酪農が行なわれる。 1954年湯原ダムが完成し,湯原第1発電所,および第2発電所がある。谷底の湯本からダム付近の霞ヶ丘までロープウェーが開通している。カジカガエルオオサンショウウオの生息地は天然記念物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湯原
ゆばら

岡山県北部、真庭(まにわ)郡にあった旧町名(湯原町(ちょう))。現在は真庭市の中北部を占める地域。旧湯原町は、1940年(昭和15)町制施行。1956年(昭和31)二川(ふたかわ)村と合併。2005年(平成17)北房(ほくぼう)、勝山(かつやま)、落合(おちあい)、久世(くせ)の4町および美甘(みかも)、川上、八束(やつか)、中和(ちゅうか)の4村と合併して市制施行、真庭市となった。旭(あさひ)川上流の中国山地に位置し、米子(よなご)自動車道が通じ湯原インターチェンジがある。国道313号が通じる。二川地区は湯原ダムの築造で主要部分が水没した。古代からたたら製鉄が行われた地。平地に乏しく、林業やシイタケ栽培が行われる。かつては木地師の里として知られ、木地玩具(がんぐ)を中心とした独楽(こま)の博物館がある。旭川に沿って湯原温泉のほか、下湯原、真賀(まが)、足(たる)、郷禄(ごうろく)などの温泉があり、国民保養温泉地に指定されている。旭川は特別天然記念物オオサンショウウオの生息地としても有名で、保護センターがある。[由比浜省吾]
『『湯原町史 前・後編』(1953、1958・湯原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

湯原の関連キーワードみなかみ町水上歴史民俗資料館トラック野郎 御意見無用岡山県真庭市湯原温泉湯原奥津県立自然公園長野県佐久市湯原その時、妻はII津黒高原スキー場ハウスクネヒト真賀[温泉]牧分徳右衛門露天風呂の日たたら製鉄地熱変質帯足[温泉]荒木由美子真庭[市]湯原温泉郷奥津[町]新制作協会二百三高地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯原の関連情報