コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯口茶臼館 ゆぐちちゃうすたて

日本の城がわかる事典の解説

ゆぐちちゃうすたて【湯口茶臼館】

青森県弘前市(旧中津軽郡相馬村)にあった中世の山城(やまじろ)。南北朝時代に、覚応院という寺院の南西にある独立峰の山頂にあった先住民の築いた館跡を利用して築かれ、南朝方の溝口左膳が居城としていた。現在、山上の曲輪(くるわ)のあったところは神社の境内になっているが、その西斜面には、4段の腰曲輪が築かれていた名残がある。◇蝦夷館とも呼ばれる。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

湯口茶臼館の関連キーワード青森県弘前市南北朝時代先住民居城館跡

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android