コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯川氏 ゆかわうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ゆかわうじ【湯川氏】

紀伊の中世武家。清和源氏甲斐武田氏の族。1241年(仁治2)武田信忠が父信光に義絶され紀伊国熊野へ下ったのがはじまりという。在田,日高,牟婁郡にわたって勢力を持ち,南北朝のころには日高郡富安荘を本拠とした。永享~文安年間(1429‐49)には室町幕府奉公衆として四番方を務めた。戦国時代には畠山尚順の領国支配に対し,国人を集結して守護勢力を排除し南紀支配をすすめた。本願寺門徒の多い紀ノ川下流域の雑賀勢とも結び,織田信長と本願寺が争った石山本願寺一揆では,初期には信長方へ参加したが,のち反信長勢力に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

湯川氏の関連キーワード御坊(市)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯川氏の関連情報