コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅十框 ゆあさ じっきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

湯浅十框 ゆあさ-じっきょう

1864-1927 明治-昭和時代前期の俳人。
元治(げんじ)元年8月20日生まれ。内大臣湯浅倉平の兄。福島県郡山(こおりやま)で寿泉堂病院を開業。俳句は河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)の影響をうけ,群峰吟社を創設した。昭和2年12月30日死去。64歳。長門(ながと)(山口県)出身。帝国大学卒。本姓は石川。本名は為之進。句集に「十框句集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

湯浅十框の関連キーワード元治日活(株)女医イギリス映画ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone