湯船・湯槽(読み)ゆぶね

大辞林 第三版の解説

入浴用の湯をたたえ、人がその中にはいって湯浴みをする大きな入れもの。浴槽。
江戸時代、港湾・河川などで、内部に浴槽を設け、料金を取って入浴させた船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 入浴用の湯をたたえておき、人がその中にはいる大きな箱・桶。浴槽。湯の。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)三「五間にあまる湯舟(ユブネ)に掛樋滝をおとし」
② 江戸時代、船の出入りの多い港にあった風呂場を設けた小船で、入港した廻船や渡海船に漕ぎつけ、船乗りや旅客から金をとって入浴させた移動式の風呂屋。風呂屋船。
※御触書寛保集成‐三六・享保六年(1721)九月「向後荷物瀬取候茶船并湯船水船之外、一切諸廻船之辺え乗り参間敷候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android