湯船・湯槽(読み)ゆぶね

大辞林 第三版の解説

ゆぶね【湯船・湯槽】

入浴用の湯をたたえ、人がその中にはいって湯浴みをする大きな入れもの。浴槽。
江戸時代、港湾・河川などで、内部に浴槽を設け、料金を取って入浴させた船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐ぶね【湯船・湯槽】

〘名〙
① 入浴用の湯をたたえておき、人がその中にはいる大きな箱・桶。浴槽。湯の船。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※浮世草子・けいせい伝受紙子(1710)三「五間にあまる湯舟(ユブネ)に掛樋滝をおとし」
江戸時代、船の出入りの多い港にあった風呂場を設けた小船で、入港した廻船や渡海船に漕ぎつけ、船乗りや旅客から金をとって入浴させた移動式の風呂屋。風呂屋船。
※御触書寛保集成‐三六・享保六年(1721)九月「向後荷物瀬取候茶船并湯船水船之外、一切諸廻船之辺え乗り参間敷候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android