コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満載喫水線標 まんさいきっすいせんひょう

1件 の用語解説(満載喫水線標の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

満載喫水線標【まんさいきっすいせんひょう】

船の安全上最小の乾玄すなわち最大の喫水を定める標示。1930年の国際満載喫水線条約に基づき,船体の形状,強度から算定され,季節と海域によって差がある。船体中央両側に記号を用いて表示される。
→関連項目喫水国際満載喫水線条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

満載喫水線標の関連キーワード乾舷啓閉喫水軽喫水載貨喫水線事教検出限界限界温度帯GRAS物質最大最小の原理

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone