満載喫水線標(読み)まんさいきっすいせんひょう

百科事典マイペディアの解説

満載喫水線標【まんさいきっすいせんひょう】

船の安全上最小の乾玄すなわち最大の喫水を定める標示。1930年の国際満載喫水線条約に基づき,船体の形状,強度から算定され,季節と海域によって差がある。船体中央両側に記号を用いて表示される。TF(熱帯淡水)の喫水が一番深く,以下F(夏季淡水),T(熱帯),S(夏季),W(冬季),WNA(冬季北大西洋)と続く。
→関連項目喫水国際満載喫水線条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android