コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源孝道 みなもとの たかみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源孝道 みなもとの-たかみち

?-? 平安時代中期の官吏,漢詩人。
弾正少弼(だんじょうのしょうひつ),大和守(かみ)などをへて,寛弘(かんこう)4年(1007)越前(えちぜんの)守。藤原道長邸などでの詩作や作文会の講師として活躍し,作品が「本朝麗藻」「類聚句題抄」などにある。「御堂関白記」によれば寛弘7年3月30日以前に死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例