コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源有 みなもとの たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源有 みなもとの-たもつ

?-? 平安時代前期の官吏。
源信(まこと)の子。嵯峨(さが)源氏。天安2年(858)五位下となる。因幡守(いなばのかみ)などを歴任。斎宮繁子(はんし)内親王の伊勢入りの際,前駆をつとめた。仁和(にんな)3年(887)尾張権守(おわりのごんのかみ),のち右馬頭(うまのかみ)。従四位上。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

源有の関連キーワード家庭系PCの自主回収・再資源化システムエコロジカル・マーケティング海洋エネルギー実証実験場循環型社会形成推進基本法衣文(公家衣服の着装法)パソコンリサイクル法非ハロゲン系難燃剤リサイクルガラス古紙リサイクル拡大生産者責任源有房(2)公害防止産業待賢門院加賀リサイクル法リサイクル小笠原長清8月30日足利義康二条天皇藤原範光

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android