コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為時 みなもとの ためとき

朝日日本歴史人物事典の解説

源為時

生年:生没年不詳
鎌倉後期の高野山領紀伊国(和歌山県)荒川荘の悪党の張本。法名法心。建治・弘安年間(1275~1287)に殺害事件を起こして荘外にたびたび追放されたが還住し,正応3(1290)年から翌年にかけて,隣荘の摂関家領吉仲荘の縁者と結託して,放火,殺害,資財押取などの悪党行為を繰り返し,彼らを追捕せんとした高野山側と激しく衝突した。<参考文献>本多隆成「紀伊国荒川荘の領主と農民」(『史林』56巻2号)

(小山靖憲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源為時の関連キーワード鎌倉時代豪族

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android