コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為時 みなもとの ためとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為時 みなもとの-ためとき

?-? 鎌倉時代の豪族。
高野山領の紀伊(きい)荒川荘(和歌山県)を侵略したいわゆる悪党。弘安(こうあん)-正応(しょうおう)(1278-93)のころ殺害,焼き打ち,略奪行為をくりかえし高野山側とあらそった。通称は弥四郎。法名は法心。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源為時

生年:生没年不詳
鎌倉後期の高野山領紀伊国(和歌山県)荒川荘の悪党の張本。法名法心。建治・弘安年間(1275~1287)に殺害事件を起こして荘外にたびたび追放されたが還住し,正応3(1290)年から翌年にかけて,隣荘の摂関家領吉仲荘の縁者と結託して,放火,殺害,資財押取などの悪党行為を繰り返し,彼らを追捕せんとした高野山側と激しく衝突した。<参考文献>本多隆成「紀伊国荒川荘の領主と農民」(『史林』56巻2号)

(小山靖憲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

源為時の関連キーワード鎌倉時代豪族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android