コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為時 みなもとの ためとき

2件 の用語解説(源為時の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為時 みなもとの-ためとき

?-? 鎌倉時代の豪族。
高野山領の紀伊(きい)荒川荘(和歌山県)を侵略したいわゆる悪党。弘安(こうあん)-正応(しょうおう)(1278-93)のころ殺害,焼き打ち,略奪行為をくりかえし高野山側とあらそった。通称は弥四郎。法名は法心。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源為時

生年:生没年不詳
鎌倉後期の高野山領紀伊国(和歌山県)荒川荘の悪党の張本。法名法心。建治・弘安年間(1275~1287)に殺害事件を起こして荘外にたびたび追放されたが還住し,正応3(1290)年から翌年にかけて,隣荘の摂関家領吉仲荘の縁者と結託して,放火,殺害,資財押取などの悪党行為を繰り返し,彼らを追捕せんとした高野山側と激しく衝突した。<参考文献>本多隆成「紀伊国荒川荘の領主と農民」(『史林』56巻2号)

(小山靖憲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源為時の関連キーワード官省符荘高野口高野山高野山大学高野金毘羅義方沢田実之助祐遍良覚(1)琳賀

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone