コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川荘 あらかわのしょう

百科事典マイペディアの解説

荒川荘【あらかわのしょう】

紀伊国那賀(なか)郡の紀ノ川南岸,古代の荒川郷(《和名抄》)に成立した荘園で,現和歌山県桃山町全域と粉河(こかわ)町の一部(2町とも現・紀の川市)を荘域とした。
→関連項目神野真国荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あらかわのしょう【荒川荘】

紀伊国那賀郡(現,和歌山県桃山町)の荘園。1129年(大治4)園城寺長吏行尊の寄進により鳥羽院領として成立。荒川郷の荘園化したものと考えられ,35年(保延1)の検注では田36町余,畠53町余,在家31宇となっている。しかし鎌倉中期の田数は101町余であって,厳密な検注が実施されたかどうか疑わしい。59年(平治1)美福門院鳥羽上皇の菩提を弔うために高野山に寄進し,金泥一切経蔵料所とされた。成立当初より摂関家領田仲・吉仲両荘などとの間に領有をめぐる紛争があり,とくに田仲荘の預内舎人佐藤仲清・能清父子の侵攻は鎌倉初期まで執拗(しつよう)にくりかえされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の荒川荘の言及

【田仲荘】より

…鎌倉時代には近衛家領となったが,近衛家は荘務権を有せず,領家職(りようけしき)は僧円基(近衛基通の子),僧慈禅(近衛兼経の弟)を経て,その法系である浄土寺門跡(もんぜき)が室町末期にいたるまで伝領した。12世紀後半の56年(保元1)以降,紀ノ川南岸の耕地をめぐって荒川荘との間に激しい堺相論が起こった。田仲荘の預所佐藤仲清・能清父子が平家の威勢を背景に押領を企てたためであるが,彼らの行動は鎌倉幕府に支持されず,紛争は86年(文治2)をもって終息した。…

※「荒川荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒川荘の関連キーワード高野山(寺院)荘園(日本)金毘羅義方相論/争論八条院領源平争乱平等院源頼朝源為時安楽川地頭安堵悪党直務証文検校公文預所

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android