荒川荘(読み)あらかわのしょう

百科事典マイペディア「荒川荘」の解説

荒川荘【あらかわのしょう】

紀伊国那賀(なか)郡の紀ノ川南岸,古代の荒川郷(《和名抄》)に成立した荘園で,和歌山県桃山町全域と粉河(こかわ)町の一部(2町とも現・紀の川市)を荘域とした。荒河,安楽川(河)とも書く。もと宇治平等院領であったが,1129年平等院大僧正行尊が鳥羽上皇寄進,鳥羽院領として成立。1135年の検注によると田36町余(見作32町余)・畠53町余(見作20町余)で,在家(ざいけ)数は31宇,桑2936本が植えられていた。1156年鳥羽法皇が没すると妃美福門院が伝領,1159年には法皇の菩提(ぼだい)を弔(とむら)うため美福門院が高野(こうや)山に寄進した一切経による一切経会などの供料として施入された(本家職は美福門院が保持し,のち八条院領となる)。高野山は当荘を高野山執行(しぎょう)・大衆(だいしゅ)による支配とすることを荘官に伝え,経営に当たったが,北隣の摂関家領田仲荘預所(あずかりどころ)佐藤仲清による乱妨,狼藉や西隣吉仲荘,東隣鞍淵(ともぶち)荘からの侵略があって1164年ころまで軌道に乗らず,同年ようやく高野山は,在家70宇,田2町余,畠11町余を検校(けんぎょう)以下134僧に配分,免家・分田支配を創設した。しかしその後源平争乱が起こると,それに乗じた仲清の子能清が当荘の東西30町余,南北10町余に及ぶ地を割き取り,相論となった。その過程で能清は田仲荘内に城を構えて軍兵を集め,当荘に打ち入るなどの乱妨を働いているが,能清の主張は源頼朝の支持を得られず,高野山領として安堵された。当荘には地頭は置かれず,在地で勢力をもっていた公文(くもん)盛景も1193年追放された。その結果,1254年には総面積101町余,分米350石余に達しており,13世紀に入って高野山の直務(じきむ)支配体制が整えられたことを物語っている。しかし鎌倉時代後期になると荘内高野(たかの)寺の源為時(法心)が張本となって悪党を結成して高野山に反抗,高野山を悩ませた。為時はたびたび荘内,荘外で殺害事件を引き起こして荘外に追放されるが,活動をいっそう激化させ,1290年から翌年にかけて吉仲・名手(なて)両荘の悪党と結託して多数の女人や牛馬を殺害,百姓の家屋に放火して略奪を行っている。これに対して高野山は幕府に告発し,訴訟となったが結末は不明。その後南北朝内乱のなかで高野山の支配は有名無実化したが,乱後再建に取り組み,1412年から翌年にかけて検注を実施,総面積93町余,分米274石余と把握された。以後百姓の年貢減免要求が繰り返され,やがて百姓請が成立するが,中世末まで高野山の支配は維持され,近世にも旧荘域の村々は高野山領とされた。
→関連項目神野真国荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「荒川荘」の解説

あらかわのしょう【荒川荘】

紀伊国那賀郡(現,和歌山県桃山町)の荘園。1129年(大治4)園城寺長吏行尊の寄進により鳥羽院領として成立。荒川郷の荘園化したものと考えられ,35年(保延1)の検注では田36町余,畠53町余,在家31宇となっている。しかし鎌倉中期の田数は101町余であって,厳密な検注が実施されたかどうか疑わしい。59年(平治1)美福門院が鳥羽上皇の菩提を弔うために高野山に寄進し,金泥一切経蔵料所とされた。成立当初より摂関家領田仲・吉仲両荘などとの間に領有をめぐる紛争があり,とくに田仲荘の預内舎人佐藤仲清・能清父子の侵攻は鎌倉初期まで執拗(しつよう)にくりかえされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の荒川荘の言及

【田仲荘】より

…鎌倉時代には近衛家領となったが,近衛家は荘務権を有せず,領家職(りようけしき)は僧円基(近衛基通の子),僧慈禅(近衛兼経の弟)を経て,その法系である浄土寺門跡(もんぜき)が室町末期にいたるまで伝領した。12世紀後半の56年(保元1)以降,紀ノ川南岸の耕地をめぐって荒川荘との間に激しい堺相論が起こった。田仲荘の預所佐藤仲清・能清父子が平家の威勢を背景に押領を企てたためであるが,彼らの行動は鎌倉幕府に支持されず,紛争は86年(文治2)をもって終息した。…

※「荒川荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android