コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源計子 みなもとの けいし

3件 の用語解説(源計子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源計子 みなもとの-けいし

?-? 平安時代中期,村上天皇の更衣。
源庶明(もろあきら)の娘。理子(りし)内親王,盛子内親王を生む。広幡御息所(みやすどころ)とよばれた。天皇にすすめて源順(したごう)らに「万葉集」に訓点をほどこさせたという。和歌は「拾遺和歌集」などにみえる。名は「かずこ」ともよむ。

源計子 みなもとの-かずこ

みなもとの-けいし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源計子

生年:生没年不詳
平安中期の村上天皇の更衣。宇多天皇の孫源庶明の娘。広幡御息所と称される。理子内親王,盛子内親王を生んだ。『村上御集』や『麗花集』に村上天皇とかわした歌が残る。『栄花物語』に,村上天皇が「あはせたきものすこし」という詞を詠み込んだ歌を女御や御息所たちに送ったところ,ただ計子のみが読み解いたという話を伝えるなど才名が高い。天暦5(951)年に撰和歌所において『万葉集』に訓点が施されたが,これは計子の発意によるものという。また天徳4(960)年内裏歌合が催されたとき,女房方人を務めた「宰相更衣」について,計子のこととする説がある。

(谷口美樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源計子の関連キーワード後崇光太上天皇広沢池応和康保天徳天暦藤原脩子藤原正妃藤原有序源貞子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone