コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源計子 みなもとの けいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源計子 みなもとの-けいし

?-? 平安時代中期,村上天皇の更衣。
源庶明(もろあきら)の娘。理子(りし)内親王,盛子内親王を生む。広幡御息所(みやすどころ)とよばれた。天皇にすすめて源順(したごう)らに「万葉集」に訓点をほどこさせたという。和歌は「拾遺和歌集」などにみえる。名は「かずこ」ともよむ。

源計子 みなもとの-かずこ

みなもとの-けいし

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源計子

生年:生没年不詳
平安中期の村上天皇の更衣。宇多天皇の孫源庶明の娘。広幡御息所と称される。理子内親王,盛子内親王を生んだ。『村上御集』や『麗花集』に村上天皇とかわした歌が残る。『栄花物語』に,村上天皇が「あはせたきものすこし」という詞を詠み込んだ歌を女御や御息所たちに送ったところ,ただ計子のみが読み解いたという話を伝えるなど才名が高い。天暦5(951)年に撰和歌所において『万葉集』に訓点が施されたが,これは計子の発意によるものという。また天徳4(960)年内裏歌合が催されたとき,女房方人を務めた「宰相更衣」について,計子のこととする説がある。

(谷口美樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源計子の関連キーワード盛子内親王(1)理子内親王(1)

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android