コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準へ/准へ/擬へ ナズラエ

デジタル大辞泉の解説

なずらえ〔なずらへ〕【準へ/准へ/擬へ】

なずらい」に同じ。
「これかれ参らすれど、をさをさ―なるもなし」〈増鏡・老のなみ〉

なぞえ〔なぞへ〕【準へ/准へ/擬へ】

《動詞「なぞう」の連用形から》比較すること。区別すること。
「あふなあふな思ひはすべし―なく高き卑しき苦しかりけり」〈伊勢・九三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

準へ/准へ/擬への関連キーワードインターネット・エクスプローラ使用済み核燃料中間貯蔵施設柏崎刈羽原発と再稼働問題上値抵抗線/下値支持線太平洋諸島フォーラムもはや戦後ではない輸出・輸入物価指数男女雇用機会均等法貨幣価値一定の公準電気用品安全法経費膨張の法則Jカーブ効果中間貯蔵施設総評賃金綱領型式認証制度国際会計基準原子力産業天沢退二郎政治的責任制度的行動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android