コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずら ズラ

デジタル大辞泉の解説

ずら[助動]

[助動]…だろう。
「ちり紙に火がついずら」〈咄・鹿の巻筆・四〉
[補説]推量の助動詞「うず」に推量の助動詞「らむ」の付いた「うずらむ」が「ずらう」となり、さらに音変化したもの。また、完了の助動詞「つ」に推量の助動詞「らむ」の付いた「つらむ」の音変化とも。現代では静岡、長野地方などで用い、名詞または連体形に付いて「明日は雨ずら」のように使われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずら

( 助動 )
〔助動詞「うず」に「らん」の付いた「うずらん」から出た「ずらう」の転〕
推量の意を表す。…だろう。 「ちり紙に火がついずら/咄本・鹿の巻筆」 〔現在でも中部太平洋岸地方などで用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ずらの関連キーワード牛の素麺・牛の素麵・牛の素麪葛城襲津彦髻華の玉蔭葛巻昌興とんずらずらっと枕を割る美男帽子ずらずら菖蒲の鬘鬘鉢巻助動詞藤細工ぼて鬘恋の病連体形ずらり美男石青柳の美男

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずらの関連情報