コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準同時期 じゅんどうじきpenecontemporaneous

岩石学辞典の解説

準同時期

ほとんど同時に起きたこと.例えばpenecontemporaneous deformationとは,堆積作用の少し後で,固結する前に起きた堆積物の変形作用で形成された構造のことである[Shrock : 1948].準同時期の,地層の堆積,続成過程中に形成された褶曲や断裂などについて用いる.ラテン語のpaeneはほとんどの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

準同時期の関連キーワードイントラクラストコンクリーション砂火山

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android