コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準問屋 じゅんといや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準問屋
じゅんといや

自己の名をもって他人のために,物品の販売,買い入れでない行為,たとえば出版,広告,保険契約などの取次ぎを業とする者 (商法558) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐といや〔‐とひや〕【準問屋】

自己の名をもって、他人のために物品の販売・買い入れ・物品運送以外の行為をすることを業とする者。例えば、出版・広告・保険契約などの取り次ぎをする者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんといや【準問屋】

自己の名で他人のために販売・買い入れの取次ぎをする問屋に対し、それ以外の取次ぎを行う者。新聞広告や保険契約の取次業者など。問屋に関する規定が準用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の準問屋の言及

【問屋】より

… 問屋を使えば,委託者は問屋の信用,知識,経験を利用でき,実質的な自分の売買を秘匿もでき,第三者は問屋の資力,信用のみに依拠して売買の成果を得られる。売買以外の取次ぎを業とする者を準問屋といい(商法558条),物品運送契約の取次ぎをなす準問屋を運送取扱人という(559条以下)。卸売【大塚 龍児】
【日本における沿革】
 港津や宿駅で,物資の運送や中継取引,宿屋を兼ねるものを,中世では問丸といった。…

※「準問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

準問屋の関連キーワード運送取扱営業取次商問屋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android