コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滋野氏 しげのうじ

世界大百科事典 第2版の解説

しげのうじ【滋野氏】

京の中・下級官人。伊蘇志臣家訳が滋野宿禰ついで滋野朝臣を賜ったのに始まり,その子に滋野貞主・貞雄がいる。子孫は令制要職の一つ外記などで活躍した。また信濃出身の中世武家に滋野氏がある。繁野氏とも書き,諸系図は清和天皇の後裔と伝えるが,滋野貞主の一族が信濃小県(ちいさがた)郡に土着したのに始まるらしい。のち海(宇)野氏,禰津氏,望月氏(滋野氏三家)以下の諸家に分かれて諸国に広がり繁栄した。そのほか光孝源氏で中・下級貴族となった滋野氏,明治維新で男爵となった長州藩士滋野清彦の一流など,諸国に滋野氏を称する者が多いが,その系譜については不明のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

滋野氏の関連キーワード梓川[村]諏訪頼重安部氏海野氏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android