滋養強壮剤(読み)ジヨウキョウソウザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

滋養強壮剤とは


 ビタミン、ミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの無機物質)、糖、アミノ酸、脂肪などは、ホルモンと協力して、臓器・器官の活動や新陳代謝を調整している物質で、生命を維持するために不可欠なものです。しかし、ホルモンと違って、ほとんどを体外から食品や薬としてとり入れなければなりません。


 このような成分を薬の形にしたのが、滋養強壮剤です。


 食生活が豊かになり、栄養不足によるビタミン・ミネラルなどの欠乏症は少なくなりましたが、ファストフード、インスタント食品や外食の多用、食生活の偏り、過度の飲酒といった新たな原因によるビタミン欠乏症が問題になっています。


 滋養強壮剤は本来、欠乏した場合に補給するものですが、大きな副作用がないため、かつてはかなり大量に用いられ、無駄に消費されていました。現在は、その反省から適正に使用されるようになっています。滋養強壮剤は、効果がないのに漫然と使用すべきものではありません。


 現在の滋養強壮剤は、効果が高くて副作用が少なく、しかも、1日1回の服用で効果が持続する薬などもあります。


 ここでは、ビタミン剤と、ミネラル剤・その他の滋養強壮剤とに大別して解説します。


ビタミン剤


ミネラル剤・アミノ酸剤・高カリウム血症改善剤

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android