服用(読み)フクヨウ

デジタル大辞泉 「服用」の意味・読み・例文・類語

ふく‐よう【服用】

[名](スル)
薬を飲むこと。「食間服用する薬」
衣服を身につけること。また、その衣服。
「―は皆大長公主に等しく」〈太平記・三七〉
[類語](1服薬内服内用一服頓服

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「服用」の意味・読み・例文・類語

ふく‐よう【服用】

〘名〙 (古くは「ぶくよう」とも)
① 用いること。使用
米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「西洋一般車輪を服用す」 〔礼記内則
② 衣服などを身につけること。また、その衣服。
続日本紀‐霊亀元年(715)九月己卯「婦女依父夫蔭服用、亦聴之」
③ 薬を飲むこと。服薬。
醍醐寺文書‐(年未詳)(室町)一〇月八日・大僧正義賢書状「雖然三位方へ良薬申候て遣候間、其服用以後聊得少減候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「服用」の読み・字形・画数・意味

【服用】ふくよう

身につけて用いる。

字通「服」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android