服用(読み)フクヨウ

デジタル大辞泉の解説

ふく‐よう【服用】

[名](スル)
薬を飲むこと。「食間に服用する薬」
衣服を身につけること。また、その衣服。
「―は皆大長公主に等しく」〈太平記・三七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくよう【服用】

( 名 ) スル
薬をのむこと。服薬。 「毎食後-する」
衣服などを身につけること。 「婦女、父夫の蔭に依て-するも、亦之れを聴ゆるす/続紀 霊亀一

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふく‐よう【服用】

〘名〙 (古くは「ぶくよう」とも)
① 用いること。使用。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「西洋一般車輪を服用す」 〔礼記‐内則〕
衣服などを身につけること。また、その衣服。
※続日本紀‐霊亀元年(715)九月己卯「婦女依父夫蔭服用、亦聴之」
③ 薬を飲むこと。服薬
※醍醐寺文書‐(年未詳)(室町)一〇月八日・大僧正義賢書状「雖然三位方へ良薬申候て遣候間、其服用以後聊得少減候間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

服用の関連情報