コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴数計 テキスウケイ

2件 の用語解説(滴数計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てきすう‐けい【滴数計】

液体の表面張力を測定する装置。試料の液体が入った細管の先から落ちる液滴を数え、水などの既知の液体と比較して測定する。測滴計。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滴数計
てきすうけい
stalagmometer

液体の表面張力を測定するための装置。試料の一定量を量り取るための容器と、試料を滴下させるための下端の平らな細管とから構成されている。液体の滴(しずく)の大きさは、その液体の表面張力に比例するので、一定量の試料液体を滴下させたときの滴数によって表面張力の比較ができる。滴数計は、この原理により標準液体の滴数との比から試料液体の表面張力を求めるもので、あまり精度を要しない簡単な測定に適している。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滴数計の関連キーワード界面張力毛細管現象アントノフの規則イェーガー法エートヴェーシュの式片山の式シスコフスキの式チスコフスキーの式ファンデルワールスの表面張力式ヤングの式(接触角)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone