コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業主権法 ギョギョウシュケンホウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょぎょうしゅけん‐ほう〔ギヨゲフシユケンハフ〕【漁業主権法】

《「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」の通称》国連海洋法条約に基づいて、日本の排他的経済水域における外国人の漁業禁止などを定めた法律。平成8年(1996)施行。EEZ漁業法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

漁業主権法

国連海洋法条約に基づいて、排他的経済水域における漁業等の権利行使などについて必要な措置を定めた日本の法律。1996年に施行された。正式名称は「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」。同法では、排他的経済水域内の定められた区域において、政令で定める場合を除き、外個人が漁業を行うことや水産動植物の採捕を行うこと、漁獲物またはその製品を転載・積み込みすることを禁止している。2014年9月から10月30日までに小笠原諸島近海では、同法違反の容疑により5人の中国人船長が逮捕されている。

(2014-11-10)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漁業主権法の関連情報