コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業主権法 ギョギョウシュケンホウ

2件 の用語解説(漁業主権法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎょぎょうしゅけん‐ほう〔ギヨゲフシユケンハフ〕【漁業主権法】

《「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」の通称》国連海洋法条約に基づいて、日本の排他的経済水域における外国人の漁業禁止などを定めた法律。平成8年(1996)施行。EEZ漁業法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

漁業主権法

国連海洋法条約に基づいて、排他的経済水域における漁業等の権利行使などについて必要な措置を定めた日本の法律。1996年に施行された。正式名称は「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」。同法では、排他的経済水域内の定められた区域において、政令で定める場合を除き、外個人が漁業を行うことや水産動植物の採捕を行うこと、漁獲物またはその製品を転載・積み込みすることを禁止している。2014年9月から10月30日までに小笠原諸島近海では、同法違反の容疑により5人の中国人船長が逮捕されている。

(2014-11-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漁業主権法の関連キーワード漁業専管水域経済水域専管水域日韓漁業協定排他的経済水域EEZ跨界性魚類資源(こかい せいぎょるいしげん)(ストラドリング魚類資源)水産業改良普及事業地域漁業管理機関排他的経済水域(EEZ)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漁業主権法の関連情報