コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁獲制限 ぎょかくせいげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁獲制限
ぎょかくせいげん

水産資源の維持,保全をはかるため,漁獲に対して課される種々の制限。漁獲技術の発達にまかせて無制限に乱獲を続けていけば,やがて資源量が減退し,漁業そのものの存続を危うくすることになる。資源保存を目的とする漁獲規制として,(1) 漁具,漁法の制限,禁止,(2) 漁期の制限,(3) 漁場の制限,禁止,(4) 漁獲量の制限,魚の体長制限,などが行われている。日本国内では法令によって違反取締りが行われているが,国際的には漁業条約がその役割を果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漁獲制限
ぎょかくせいげん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

漁獲制限の関連キーワード宍道湖のシジミ漁アサリの漁獲制限総漁獲可能量マグロ注意報函館(市)海外漁業遠洋漁業オキアミ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁獲制限の関連情報