コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漆糸 うるしいと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漆糸
うるしいと

細いテープ状の和紙断片を塗って糸に巻きつけたもの。またはそのまま糸状にしたもの。特殊な光沢と風合いがあるので高級な着尺物帯地緯糸に混ぜて織込み,模様を浮き上がらせる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うるし‐いと【漆糸】

鳥の子紙色漆を塗って細く切り、綿糸に巻きつけた糸。織物の横糸に使う。
絹糸に漆加工を施した釣り糸。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うるしいと【漆糸】

和紙に色漆を塗って細く切ったもの。そのまま、あるいは綿糸によりつけて着物や帯などのよこ糸に用いる。
絹糸に漆加工をした釣り糸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漆糸の関連キーワード釣糸漆箔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漆糸の関連情報