コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋織物 モンオリモノ

百科事典マイペディアの解説

紋織物【もんおりもの】

模様を織り出した織物の総称。各種組織を組み合わせたり色糸によって模様を表す。総紋,飛紋,縫取紋などがある。綴(つづれにしき)のように手工芸的に織るものもあるが,普通はジャカード機を用いる。
→関連項目空引機ダマスク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もんおりもの【紋織物】

染文様に対し,〈織〉によって文様をあらわした織物の総称。英語のfigured fabricに相当する語意で,緞子(どんす),綸子(りんず),唐織厚板(あついた),金襴繻珍(しゆちん)などがこれに属する。大別すると綾,緞子,綸子のように,地組織をなす経緯糸と,文様となる経あるいは緯糸が,同一の糸によって組織されるもの,すなわち文様が地合いと異組織であらわされているものと,錦,唐織などのように,地組織をなす経緯糸に,別の彩糸を加え,それらの彩糸によって文様をあらわしたものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紋織物
もんおりもの

種々な組織を組み合わせ、また色糸を使用して複雑な紋柄を織り出した織物の総称。一つの柄模様が経緯(たてよこ)糸とも40本以上数千本のものもあり、多くは色糸を使って、織物表面に美しい柄模様を出したもので、別名ジャカード織物ともいう。たとえば紋羽二重(はぶたえ)、紋お召(めし)、紋縮緬(ちりめん)、緞子(どんす)、朱珍(しゅちん)、金襴(きんらん)、ダマスク、ネクタイ地など種類が多い。昔わが国では空引機(そらひきはた)(中国より伝来、明治期に衰退した)で織られ、非常に芸術性の高度なものもあるが、明治期に入って京都西陣(にしじん)にジャカード機がフランスより導入され、高価であった紋織物も庶民のものとなった。[並木 覚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紋織物の関連キーワード金モール・銀モール空引き機・空引機写真織り・写真織ジャカード織り読谷山ミンサージャカード機大和錦・倭錦ジャカード織ドビークロスブロケード北村 哲郎首里花倉織読谷山花織紋羽二重知花花織二倍織物正倉院裂意匠図固織物絹織物

紋織物の関連情報