コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜伏感染 せんぷくかんせん latent infection

1件 の用語解説(潜伏感染の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんぷくかんせん【潜伏感染 latent infection】

顕性感染,不顕性感染を問わず,生体に病原微生物の感染が成立した後,長期間にわたって病原体と宿主生体との間に平衡関係が保たれている状態を潜伏感染という。宿主生体のなかで,病原体が潜伏感染を続けて,終生臨床症状をあらわすことなく過ごすこともあるが,宿主生体の抵抗力が低下した際,再発して臨床症状を認めることも少なくない。このような例として,単純ヘルペス感染症,水痘と帯状疱疹サイトメガロウイルス感染症,梅毒,結核などがあげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

潜伏感染の関連キーワード性感染症不顕性感染保菌者急性感染症慢性感染症顕性感染伝染性感染症非伝染性感染症細菌性感染症食事性感染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

潜伏感染の関連情報