潜伏感染(読み)せんぷくかんせん(英語表記)latent infection

世界大百科事典 第2版の解説

せんぷくかんせん【潜伏感染 latent infection】

顕性感染不顕性感染を問わず,生体病原微生物の感染が成立した後,長期間にわたって病原体と宿主生体との間に平衡関係が保たれている状態を潜伏感染という。宿主生体のなかで,病原体が潜伏感染を続けて,終生臨床症状をあらわすことなく過ごすこともあるが,宿主生体の抵抗力が低下した際,再発して臨床症状を認めることも少なくない。このような例として,単純ヘルペス感染症水痘帯状疱疹サイトメガロウイルス感染症梅毒結核などがあげられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android