コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潜在性癌 せんざいせいがんlatent tumor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜在性癌
せんざいせいがん
latent tumor

前立腺肥大症として手術され,取り出された前立腺を顕微鏡で調べると前立腺肥大症を示す組織の中に癌組織を発見することがある。これを潜在性癌と呼んでいる。その頻度は前立腺肥大症として手術された患者の 10~20%である。臨床経過は良好で再発などはほとんどない。この潜在性癌は通常の前立腺癌と異なり,前立腺組織の内腺と呼ばれる部分から発生し,通常の前立腺癌で見られる酸性フォスファターゼの上昇も見られない。症状は前立腺肥大症と同じだが,通常の前立腺肥大症と異なり,女性ホルモンの投与による効果は期待できない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android