潜在通貨(読み)せんざいつうか

百科事典マイペディアの解説

潜在通貨【せんざいつうか】

現実に流通している鋳貨や銀行券に対して,政府や市中銀行が,中央銀行に当座預金として預金しているものをいう。また単に銀行預金(当座預金を除く)を,それを担保に通貨を引き出すことが可能であるという理由から潜在通貨と呼ぶ場合もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android