潮止め(読み)しおどめ

大辞林 第三版の解説

しおどめ【潮止め】

干拓工事で、海水をせき止める堤防の開口部を締めきって、干拓地から海水を完全に遮断すること。 「 -口」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しおどめ【潮止め】

海面干拓において,干拓地を海から守るためにつくられる潮受け堤防工事の終りに,堤防と海との開放口を締め切り,海水を完全に遮断することをいう。潮受け堤防を築造するとき,その一部は初めから築堤を行わずに,潮止め口の基礎となる床固め工とその両側の堤防の保護工を施しておき,堤防の潮止め口以外の築堤が計画高の8分どおりできたところで潮止め口を短期日に締め切る。まれに潮止め口の位置に初めから排水門をつくって,そのゲートを開いておくこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android