コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田 ただ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多田
ただ

新潟県西部,佐渡島南東部,小佐渡海岸に面する佐渡市畑野地区にある集落。本土に最も近い港として,中世までは島の玄関口となり,日蓮上人などの流人が上陸した。国中平野小佐渡丘陵横断の多田街道が通じている。付近は小佐渡県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ただ【多田】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の多田の言及

【多田院】より

…摂津国河辺郡多田(現,兵庫県川西市)にあった寺院。正しくは多田院鷹尾山法華三昧堂。…

※「多田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多田の関連情報