コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮汐の運河説 canal theory of tides

法則の辞典の解説

潮汐の運河説【canal theory of tides】

エアリーの提案した潮汐の理論.それまでの主流学説であったラプラスの潮汐理論では,海洋を一様の深さのものと仮定していたが,エアリーは赤道に平行な,深さと幅が一様な運河の集合と考えて,その運河内における水の交流はないものとした.もちろん全地球を一周できるような海は南緯60度付近にしかないから,実際の潮汐はこの領域から伝播してきたものと考えたのである.

現在では,実際の海洋分布や海底分布を取り入れて潮汐を計算する試みがなされつつある.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android