潮虫(読み)シオムシ

大辞林 第三版の解説

しおむし【潮虫】

甲殻綱等脚目の節足動物。体は平たい卵円形。体長15ミリメートルほど。背面は淡褐色で黒点が散在する。乾燥して養殖魚の餌えさとする。北海道・千島の沿岸の砂泥底にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

潮虫 (シオムシ)

学名:Tecticeps japonicus
動物。コツブムシ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android