コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船食虫 フナクイムシ

デジタル大辞泉の解説

ふなくい‐むし〔ふなくひ‐〕【船食虫】

フナクイムシ科の二枚貝。体は細長く、30センチ以上にもなる。石灰質を分泌して管を作り、その中に入っている。貝殻は退化して小さく、体の前部につき、表面にあるやすり目状の肋(ろく)で、木造船や海中の木材に穴をあけてすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなくいむし【船食虫】

フナクイムシ科の二枚貝の総称。フナクイムシ・ヤツフナクイムシ・オオフナクイムシなど。
の一種。海産。殻はきわめて小さく、体の先端に付く。体は白色で細長く、長さ約30センチメートル。貝殻のやすり状の部分で木材に穿孔する。木造船などに被害を与える。サハリンから九州にかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船食虫の関連キーワードフナクイムシ熮場

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android