コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船食虫 フナクイムシ

デジタル大辞泉の解説

ふなくい‐むし〔ふなくひ‐〕【船食虫】

フナクイムシ科の二枚貝。体は細長く、30センチ以上にもなる。石灰質を分泌して管を作り、その中に入っている。貝殻は退化して小さく、体の前部につき、表面にあるやすり目状の肋(ろく)で、木造船や海中の木材に穴をあけてすむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなくいむし【船食虫】

フナクイムシ科の二枚貝の総称。フナクイムシ・ヤツフナクイムシ・オオフナクイムシなど。
の一種。海産。殻はきわめて小さく、体の先端に付く。体は白色で細長く、長さ約30センチメートル。貝殻のやすり状の部分で木材に穿孔する。木造船などに被害を与える。サハリンから九州にかけて分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

船食虫の関連キーワードフナクイムシ熮場

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android