コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮間 シオガイ

デジタル大辞泉の解説

しお‐がい〔しほがひ〕【潮間】

《「(あい)」の音変化か》潮が引いてから満ちてくるまでの間。しおま。
「伊勢の海の清き渚に―になのりそや摘まむ貝や拾はむや玉や拾はむや」〈催馬楽・伊勢の海〉

しお‐ま〔しほ‐〕【潮間】

潮の引いている間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおま【潮間】

潮が引いている間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潮間の関連キーワードサイダイバラ(斎田茨)クロノリ(黒海苔)フノリ(布海苔)元村の幾何級数則シマウミグモフトモズク波の子貝興津海苔千歳法螺鵜の足貝蜑小舟貝腰高雁空透かし貝琴柱角叉糸巻海星松虫貝苫屋貝杜鵑貝石畳貝幅海苔

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮間の関連情報