コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮間 シオガイ

デジタル大辞泉の解説

しお‐がい〔しほがひ〕【潮間】

《「(あい)」の音変化か》潮が引いてから満ちてくるまでの間。しおま。
「伊勢の海の清き渚に―になのりそや摘まむ貝や拾はむや玉や拾はむや」〈催馬楽・伊勢の海〉

しお‐ま〔しほ‐〕【潮間】

潮の引いている間。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しおま【潮間】

潮が引いている間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

潮間の関連キーワード元村の幾何級数則フノリ(布海苔)シマウミグモ鵜の足貝興津海苔波の子貝蜑小舟貝琴柱角叉千歳法螺腰高雁空幅海苔イロロ泡舟貝花弁宝都鳥貝茘枝貝馬蹄螺苫屋貝ヒジキ銀杏草

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮間の関連情報