潮間(読み)シオガイ

デジタル大辞泉の解説

しお‐がい〔しほがひ〕【潮間】

《「(あい)」の音変化か》潮が引いてから満ちてくるまでの間。しおま。
「伊勢の海の清き渚に―になのりそや摘まむ貝や拾はむや玉や拾はむや」〈催馬楽・伊勢の海〉

しお‐ま〔しほ‐〕【潮間】

潮の引いている間。

ちょう‐かん〔テウ‐〕【潮間】

海岸の、高潮線低潮線との間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しおかい しほかひ【潮間】

〘名〙 (「潮が間(あい)」の変化した語か) 潮が引いている間。しおま。
※催馬楽(7C後‐8C)伊勢の海「伊勢の海の 清き渚に 之保加比(シホカヒ)に なのりそや摘まむ」

しお‐ま しほ‥【潮間】

〘名〙 潮のひいている間。しおがい。
※類従本赤染衛門集(11C中)「和歌の浦のしほまに遊ふ浜千鳥ふみすさふ覧跡なおしみそ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報