潯陽江(読み)じんようこう

精選版 日本国語大辞典の解説

じんよう‐こう ジンヤウカウ【潯陽江】

[一] 中国、江西省北部の九江付近を流れる揚子江の異称。潯陽。〔白居易‐琵琶行〕
[二] 邦楽の曲名。白楽天の「琵琶行」に基づく曲。
(イ) 薩摩琵琶の曲。明治中期、物集(もずめ)高見作詞・高崎正風添削。作詞、作曲とも薩摩琵琶中の傑作。(一)の舟で弾く女性の琵琶に焦点を当てた曲。
(ロ) 四世杵屋佐吉作曲の三弦主奏楽。大正九年(一九二〇)五世中村福助の羽衣会の第一回公演会(帝劇)で初演。「琵琶行」の女性の過去の物語を扱った曲。三弦で中国音楽を模した点、同一曲で男女の声が分担される点が画期的。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android