コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三弦主奏楽 さんげんしゅそうがく

世界大百科事典 第2版の解説

さんげんしゅそうがく【三弦主奏楽】

三味線音楽の一種目。4世杵屋(きねや)佐吉の始めたもので,三味線主奏楽ともいう。従来の長唄では三味線が歌の伴奏楽器としての役割しか果たしていないことに疑問を抱いた佐吉が地歌の《》の旋律にヒントを得て,三味線を独立させ,その持味を生かした器楽曲を作り出したもの。その第1作は1919年(大正8)9月の《隅田の四季》で,その後,記録のうえでは29曲を作曲している。代表作には《隅田の四季》《まつり》《潯陽江》《女と影》などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三弦主奏楽の言及

【杵屋佐吉】より

…1907年佐吉を襲名。新富座,春木座,明治座の囃子頭や邦楽部長を歴任し,劇場長唄で活躍するとともに,長唄芙蓉会を組織,さらに三弦のみの合奏曲として三弦主奏楽を創始する。また,三味線の改良をはかり,咸弦(かんげん)(電気三味線),豪弦(低音三味線)を考案する。…

※「三弦主奏楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三弦主奏楽の関連キーワード杵屋佐之助(初代)杵屋佐吉(4世)杵屋佐吉(4代)

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android