コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬々敬久 ぜぜ たかひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬々敬久 ぜぜ-たかひさ

1960- 昭和後期-平成時代の映画監督,脚本家,俳優。
昭和35年5月24日生まれ。大学在学中に「ギャングよ、向こうは晴れているか」を自主制作。ピンク映画の脚本,助監督をへて,平成元年「課外授業・暴行」で商業映画監督デビュー。9年「KOKKURI こっくりさん」で一般映画に進出。23年上映時間4時間38分の長編映画「ヘヴンズストーリー」がベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞,最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)をダブル受賞。同年同作品で芸術選奨文部科学大臣賞。同じく23年「アントキノイノチ」でモントリオール世界映画祭イノベーション賞を受賞。監督作品はほかに「雷魚」「感染列島」「ドキュメンタリー頭脳警察」など。大分県出身。京大卒。ペンネームに臼野朗,迦楼羅,甲賀三郎,南極1号など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬々敬久の関連キーワードヘヴンズ ストーリーMOON CHILD64池上幸平栁俊太郎福間健二菜葉菜檀れい吉野晶64

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬々敬久の関連情報