コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬之口伝九郎 せのくち でんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬之口伝九郎 せのくち-でんくろう

1876-1953 明治-昭和時代の郷土史家。
明治9年2月18日生まれ。中学校の教師をへて,昭和15年郷里宮崎県の上代日向(ひゅうが)研究所の遺物部主査となる。新田原(にゅうたばる)や八代北俣(やつしろきたまた)に軍の飛行場が建設されるため古墳群の移転や史跡調査を実施。昭和28年8月28日死去。77歳。宮崎師範卒。著作に「日向古文書集成」「日向の金石文」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瀬之口伝九郎の関連キーワード単層日本自由党原子力産業秋月の乱スラブ音楽砥石ダットサンDB-5型日野ルノー PA型内灘事件吉田茂内閣