コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田原 しんでんばる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田原
しんでんばる

福岡県東部,行橋市南部から築上町にまたがる洪積台地ブドウ,モモ,ナシの果樹栽培や酪農が盛ん。海岸部に航空自衛隊築城基地がある。

新田原
にゅうたばる

宮崎県中部,宮崎平野新富町にある洪積台地。標高 70~80m,一ツ瀬川下流北岸に位置する。多数の古墳群 (史跡) があり開発は古い。江戸時代佐土原藩の牧場に利用。昭和初期には桑園が普及した。第2次世界大戦後は開拓者入植畑地が広く,茶,植木の栽培と乳牛肉牛の飼育が行われる。航空自衛隊基地が設置されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうたばる【新田原】

宮崎県中部,一ッ瀬川河口の北岸を占める洪積台地。東都原(とうとばる)ともいう。標高70m内外の礫層段丘からなる。児湯郡新富町に属し,新田原の名は旧新田村に由来する。藩政時代に佐土原藩の馬牧場があった地で,昭和初期は桑園,現在は航空自衛隊の基地がある。台地上には約200基に及ぶ新田原古墳群(史)がある。【下村 数馬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田原
にゅうたばる

宮崎県中部、児湯(こゆ)郡新富(しんとみ)町西部に広がる洪積台地。標高約60~90メートルの平坦(へいたん)面が続き、西部は一ツ瀬(ひとつせ)川に臨む段丘崖(だんきゅうがい)をなす。台地西部の祇園原(ぎおんばる)には古墳300基以上が集中する新田原古墳群(国指定史跡)がある。一ツ瀬川を挟んだ西の西都原(さいとばる)古墳群に呼応するため東都原(とうとばる)古墳群ともよぶ。台地中央部は航空自衛隊新田原基地(旧陸軍パラシュート部隊基地)が広い面積を占め、航空機の発着が激しい。台地上は畑作、牧畜が中心。国指定天然記念物湯ノ宮(ゆのみや)の座論梅(ざろんばい)は梅の名所。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

新田原の関連キーワード新田原基地への米軍訓練移転計画宮崎県児湯郡新富町住宅防音工事の助成瀬之口 伝九郎瀬之口伝九郎宮崎(県)行橋[市]川南古墳群行橋(市)百足塚古墳新富(町)新富[町]西都市F築城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新田原の関連情報