コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新田原 しんでんばる

4件 の用語解説(新田原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新田原
しんでんばる

福岡県東部,行橋市南部から築上町にまたがる洪積台地ブドウ,モモ,ナシの果樹栽培や酪農が盛ん。海岸部に航空自衛隊築城基地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

新田原
にゅうたばる

宮崎県中部,宮崎平野の新富町にある洪積台地。標高 70~80m,一ツ瀬川下流北岸に位置する。多数の古墳群 (史跡) があり開発は古い。江戸時代佐土原藩の牧場に利用。昭和初期には桑園が普及した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にゅうたばる【新田原】

宮崎県中部,一ッ瀬川河口の北岸を占める洪積台地。東都原(とうとばる)ともいう。標高70m内外の礫層段丘からなる。児湯郡新富町に属し,新田原の名は旧新田村に由来する。藩政時代に佐土原藩の馬牧場があった地で,昭和初期は桑園,現在は航空自衛隊の基地がある。台地上には約200基に及ぶ新田原古墳群(史)がある。【下村 数馬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新田原
にゅうたばる

宮崎県中部、児湯(こゆ)郡新富(しんとみ)町西部に広がる洪積台地。標高約60~90メートルの平坦(へいたん)面が続き、西部は一ツ瀬(ひとつせ)川に臨む段丘崖(だんきゅうがい)をなす。台地西部の祇園原(ぎおんばる)には古墳300基以上が集中する新田原古墳群(国指定史跡)がある。一ツ瀬川を挟んだ西の西都原(さいとばる)古墳群に呼応するため東都原(とうとばる)古墳群ともよぶ。台地中央部は航空自衛隊新田原基地(旧陸軍パラシュート部隊基地)が広い面積を占め、航空機の発着が激しい。台地上は畑作、牧畜が中心。国指定天然記念物湯ノ宮(ゆのみや)の座論梅(ざろんばい)は梅の名所。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田原の関連キーワード平塚西都[市]新富[町]一ッ瀬川一ッ瀬ダム米良宮崎県西都市佐土原〈町〉宮崎県児湯郡新富町宮崎県児湯郡西米良村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新田原の関連情報