コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸物貝 セトモノガイ

デジタル大辞泉の解説

せともの‐がい〔‐がひ〕【瀬戸物貝】

ハナゴウナ科の巻き貝。貝殻は細長い円錐形で、殻高約3センチ。殻表は白く光沢がある。本州中部以南の暖海分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せとものがい【瀬戸物貝】

海産の巻貝。細長い塔状で、殻高3センチメートル 内外。殻は厚く、白色で瀬戸物のような光沢がある。棘皮動物に寄生し、その体液を吸う。本州中部以南の暖海に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瀬戸物貝 (セトモノガイ)

学名:Balcis martini
動物。ハナゴウナ科の巻き貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

瀬戸物貝の関連キーワード棘皮動物瀬戸物白色体液巻貝海産内外

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android