コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸物貝 セトモノガイ

大辞林 第三版の解説

せとものがい【瀬戸物貝】

海産の巻貝。細長い塔状で、殻高3センチメートル 内外。殻は厚く、白色で瀬戸物のような光沢がある。棘皮動物に寄生し、その体液を吸う。本州中部以南の暖海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瀬戸物貝 (セトモノガイ)

学名:Balcis martini
動物。ハナゴウナ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

瀬戸物貝の関連キーワード棘皮動物瀬戸物白色体液巻貝海産内外

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android