コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火格子 ヒゴウシ

3件 の用語解説(火格子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ごうし〔‐ガウシ〕【火格子】

ボイラーや炉の焚口(たきぐち)と火堰(ひぜき)との間に設け、固体燃料をのせる格子状の装置。ロストル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

火格子【ひごうし】

ロストルroosterとも。石炭など固体燃料を燃焼させるとき,燃焼室の底部におく鉄製のすのこまたは穴あき板。火格子燃焼装置では火格子上に,人力またはストーカーstokerで燃料を供給し,下方から空気を送って燃焼させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひごうし【火格子】

ボイラーの焚き口と火堰ひぜきの間にあって、石炭などの固体燃料をのせる格子状のもの。ファイア-グレート。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone