コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火炎構造 かえんこうぞうflame structure

岩石学辞典の解説

火炎構造

二つの岩相の境界で,砂岩の中に上昇している頁岩またはシルト岩の湾曲したプリューム(plume)で,砂中に発達した荷重構造で泥が圧縮されて起こる現象[Walton : 1956].ソール・マークの一種で,上部を覆っている地層中に,下方から泥が不規則に上昇してきて先端の尖った舌状や波状あるいは火焔状にプリュームを形成し突出して生じた堆積岩の構造.乱泥流によって水に飽和した塑性の大きい粘土層の表層部が引きずられたか,またはそのような粘土層上に急激に堆積した砂の荷重によって絞り出されて形成されたと考えられている[木村ほか : 1973,隅田 : 2002].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

火炎構造の関連キーワードストリーク・アウト・リップルアンチデューン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android