コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火炎瓶処罰法 カエンビンショバツホウ

デジタル大辞泉の解説

かえんびん‐しょばつほう〔クワエンビンシヨバツハフ〕【火炎瓶処罰法】

《「火炎瓶の使用等の処罰に関する法律」の略称》火炎瓶の製造・使用などを処罰する法律。爆発物取締罰則では火炎瓶を取り締まれないことに対応するため、昭和47年(1972)に施行。製造・所持などについては3年以下の懲役または10万円以下の罰金が、使用については7年以下の懲役が科せられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火炎瓶処罰法の関連情報