火鉢造(読み)ひばちつくり

世界大百科事典 第2版の解説

ひばちつくり【火鉢造】

火鉢や風炉を造る工人としては,奈良の西京火鉢造座が著名である。史料上では1333年(元弘3)の《内蔵寮領等目録》に〈大和国内侍原内小南供御人〉が火鉢土器を作料田の年貢として進上しているのと,京都商人役として,奈良火鉢10個を進上しているのをみる。生産者による田地年貢の代りの製品納入と,京都営業の税としての商人による納入とがあったわけである。製品としての火鉢は鎌倉末期の《絵師草紙》にみられ,室町期の草戸千軒遺跡からも出土している(もちろん,これが奈良火鉢であるとは断定できない)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android