コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火鉢造 ひばちつくり

1件 の用語解説(火鉢造の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひばちつくり【火鉢造】

火鉢や風炉を造る工人としては,奈良の西京火鉢造座が著名である。史料上では1333年(元弘3)の《内蔵寮領等目録》に〈大和国内侍原内小南供御人〉が火鉢土器を作料田の年貢として進上しているのと,京都商人役として,奈良火鉢10個を進上しているのをみる。生産者による田地年貢の代りの製品納入と,京都営業の税としての商人による納入とがあったわけである。製品としての火鉢は鎌倉末期の《絵師草紙》にみられ,室町期の草戸千軒遺跡からも出土している(もちろん,これが奈良火鉢であるとは断定できない)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火鉢造の関連キーワード西京火鉢板風炉金玉火鉢工人土風炉奈良風炉股火鉢大和風炉

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone