木津(読み)きづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木津
きづ

京都府南端部,木津川市南西部の旧町域。南は奈良市に接する。 1893年町制。 1951年相楽村を編入。 2007年加茂町,山城町と合体して木津川市となった。京都盆地南端,木津川が東から流れてきて北へ方向を転じる地点に位置し,古代から木津川水運と京都,奈良を結ぶ陸路とが交わる交通の要地として繁栄。地名平城京造営の木材陸揚げ港であったことに由来。平城京の外港として重要で,大陸の文物は瀬戸内海淀川,木津川を経由,ここを通じて入った。現在も JR関西本線,奈良線片町線が分岐し,近畿日本鉄道京都線が通り,国道 24号線と 163号線が交差する交通の要地となっている。主産業は農業で,米のほか,たけのこやカキ (柿) を産する。奈良市との境をなす丘陵部には,大規模な住宅団地が建設された。相楽神社本殿や大智寺 (だいちじ) の本尊である文殊菩薩坐像など国指定重要文化財も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きづ【木津】

京都府南端、相楽そうらく郡の町。木津川の屈曲点にあたり古くは河港があった。京都と奈良を結ぶ交通の要地。タケノコの産地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木津
きづ

京都府南部、相楽郡(そうらくぐん)にあった旧町名(木津町(ちょう))。現在は木津川市(きづがわし)の南部を占める一地区。京都盆地の南端に位置し、奈良市に接する。1893年(明治26)町制施行。1951年(昭和26)木津町は相楽(さがなか)村を編入。2007年(平成19)加茂(かも)、山城(やましろ)の2町と合併し、市制施行して木津川市となる。東の笠置(かさぎ)山地北縁を西流してきた木津川が、方向を北にほぼ直角に変える地点にあり、古くは河港があった。藤原京や平城京造営の木材がここに陸揚げされたので、木津の名がおこったという。JRの関西本線、奈良線、片町(かたまち)線、国道24号、163号の分岐点で、京奈和(けいなわ)自動車道木津インターチェンジもあり、交通の要地。また近畿日本鉄道京都線が西部を通過し、古くから京都盆地南部の商業中心地をなしている。近年、地域の西部や西接する精華町、奈良市北部にかけての丘陵地帯に都市基盤整備公団(現、都市再生機構)によって平城・相楽ニュータウン(へいじょうそうらくにゅーたうん)が造成された。また、関西文化学術研究都市も開発され、大きく変貌しつつある。相楽(さがなか)神社の本殿、大智寺の文殊菩薩(もんじゅぼさつ)像、十一面観音(かんのん)像などが国指定重要文化財となっている。[織田武雄]
『『木津町史』全4巻(1984~1991・木津町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きづ【木津】

京都府南端部の地名。木津川舟運の河港で、古代には平城京の外港となり、また奈良街道の要地として知られた。藤原京・平城京造営のため、大量の木材が陸揚げされた港であるところからその名がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木津の関連情報