コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井勇 よしい いさむ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

吉井勇

東京生まれ。早稲田大を中退後、鉄幹主宰の「明星」に短歌を多数発表。その後、耽美(たんび)派の中核として石川啄木らと同人誌「スバル」を創刊、戯曲や小説の分野でも活躍した。

(2012-08-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

よしい‐いさむ〔よしゐ‐〕【吉井勇】

[1886~1960]歌人・劇作家。東京の生まれ。「明星」「スバル」によって相聞歌などを発表、また、芸人の世界を描いた独自の市井(しせい)劇で知られる。歌集「酒ほがひ」「祇園歌集」「人間経」、戯曲「午後三時」「俳諧亭句楽の死」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉井勇【よしいいさむ】

歌人,劇作家。東京生れ。早稲田大学中退。新詩社に加わり《明星》《スバル》誌上で活躍,歌集《酒(さか)ほがひ》を出して頽唐(たいとう)派の歌人として知られた。《祇園歌集》《東京紅灯集》《人間経》などの歌集のほか,戯曲《河内屋与兵衛》《俳諧亭句楽の死》,小説集《蝦蟆鉄拐(がまてっかい)》などがある。
→関連項目中山晋平パンの会三田派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉井勇 よしい-いさむ

1886-1960 明治-昭和時代の歌人,劇作家,小説家。
明治19年10月8日生まれ。吉井幸蔵の次男。新詩社にはいり,「明星」に短歌を発表。明治41年パンの会を結成。翌年「スバル」の創刊に参加。耽美派(たんびは)の中心として活躍したが,のち人間の悲哀をみつめる作風に転じた。芸術院会員。昭和35年11月19日死去。74歳。東京出身。早大中退。歌集に「酒(さか)ほがひ」,戯曲集に「午後三時」,小説に「狂へる恋」など。
【格言など】かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる(「酒ほがひ」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よしいいさむ【吉井勇】

1886‐1960(明治19‐昭和35)
歌人,作家。東京生れ。伯爵吉井幸蔵の次男。早大政経科中退。中学卒業後の1905年新詩社に入り,《明星》に短歌を発表,注目された。1909年《スバル》創刊後は同人として活躍,戯曲にも手を染めた。第1歌集《酒(さか)ほがひ》(1910)は,青春の情熱を奔放に歌いあげて高い世評を得,戯曲集《午後三時》(1911)とあいまって耽美派の作風を展開した。以降紅灯の巷情趣を享楽的に歌った《祇園歌集》(1915),市井の寄席芸人の哀歓を写した戯曲集《俳諧亭句楽》(1916)など,吉井勇調というべき独自の作品集を刊行し続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よしいいさむ【吉井勇】

1886~1960) 歌人・劇作家・小説家。東京生まれ。早大中退。「明星」から「スバル」に転じ編集に従事。紅灯の巷を舞台にした独自な耽美的歌風で知られる。歌集「酒ほがひ」「祇園歌集」、戯曲集「午後三時」のほか、小説・随筆など多方面の著書を残した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉井勇
よしいいさむ

[生]1886.10.8. 東京
[没]1960.11.19. 京都
歌人,劇作家。 1905年早稲田大学に入学したがまもなく中退。 05年与謝野鉄幹の東京新詩社に参加,恋愛相聞の歌を『明星』に寄せて注目されていたが,07年末,北原白秋とともに脱退して文芸雑誌『スバル (昴) 』を創刊 (1909) 。 10年歌集『酒ほがひ』を刊行,絶望のなかの放埒と情痴をうたって歌壇的地位を確立,『昨日まで』 (13) では歓楽のあとの悲しみをうたい,次第に沈潜の境地に向い,『人間経』 (34) で人生の諦観をしみじみとうたった。劇作では『午後三時』 (09) ,『河内屋与兵衛』 (11) ,『俳諧亭句楽の死』 (14) などに独自の市井的世界を展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉井勇
よしいいさむ
(1886―1960)

歌人、劇作家、小説家。明治19年10月8日、東京市芝区高輪(たかなわ)町に生まれる。早稲田(わせだ)大学中退。祖父友実(ともみ)は薩摩(さつま)(鹿児島県)の人で、西郷隆盛(さいごうたかもり)、大久保利通(としみち)らと国事に奔走し、明治になって伯爵を受爵する。勇は15歳で作歌を開始し、20歳で新詩社に入社。雑誌『明星』に投稿するが、22歳のおり、北原白秋、木下杢太郎(もくたろう)、長田幹彦らとともに新詩社を退社。翌1908年(明治41)石井柏亭(はくてい)、森田恒友(つねとも)らと「パンの会」を結成、耽美(たんび)派の拠点となった。またその翌年、森鴎外(おうがい)監修のもとに石川啄木(たくぼく)、平野万里(ばんり)とともに『スバル』を創刊。勇の文学的出発である。第一歌集『酒(さか)ほがひ』(1910)によって文壇的地歩を固める。以後小説、戯曲などを精力的に発表。歌風は、酒と情癡(じょうち)の世界を歌い、耽美頽唐(たいとう)の傾向が強い。そうした文学の隆盛に対して、16年(大正5)「遊蕩(ゆうとう)文学撲滅(ぼくめつ)論」(赤木桁平(こうへい))が発表され、多大の痛手を被った。さらに、33年(昭和8)妻徳子の不行状が指弾されるに至り、社会的地位が問われ爵位を失い、失意のうちに歌行脚(あんぎゃ)を重ね、土佐の猪野野(いのの)に隠棲(いんせい)した。その苦境の所産として歌集『人間経』(1934)、随筆集『わびずみの記』(1936)があり、文学的転機を迎える。その後の歌風は、耽美頽唐は影を潜め、枯淡で人間的な滋味あふれる境地を展開する。
 ほかに、歌集『恋人』(1913)、『仇情(あだなさけ)』(1916)、『祇園双紙(ぎおんそうし)』(1917)、『悪の華(はな)』(1927)、『玄冬』(1944)、『流離抄』(1946)などがあり、小説に『墨水十二夜』(1925~26)、『市井夜講』(1947)などがある。戯曲に『狂芸人』(1914)、『髑髏尼(どくろに)』(1913)、『小しんと焉馬(えんば)』(1920)、『俳諧(はいかい)亭句楽の死』(1914)などがある。48年(昭和23)芸術院会員。昭和35年11月19日没。[水城春房]
 過ぎし日の華奢(くわさ)も夢かとおもふとき艶隠者(やさいんじゃ)めく寂しさの湧(わ)
『『吉井勇全集』全9巻(1977~79・番町書房) ▽木俣修著『吉井勇研究』(1978・番町書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉井勇の関連キーワード古今亭 志ん生(4代目)高知県香美市香北町猪野々蝶花楼 馬楽(3代目)香美市立吉井勇記念館蝶花楼馬楽(3代)ARS(文芸雑誌)上島町岩城郷土館臼井 喜之介小高根 二郎梶原 緋佐子スバル(昴)新ロマン主義東京新詩社小寺 健吉猪野沢温泉磯田多佳女三田文学文芸雑誌新歌舞伎唯美主義

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉井勇の関連情報