コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝承夫 かつ よしお

1件 の用語解説(勝承夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝承夫 かつ-よしお

1902-1981 大正-昭和時代の詩人。
明治35年1月29日生まれ。東洋大在学中,宵島俊吉の名で,正富汪洋(おうよう)主宰の「新進詩人」に作品を発表。「新詩人」「紀元」の創刊にかかわる。のちビクター専属となり,「歌の町」「灯台守」などの作詞で知られ,日本音楽著作権協会会長もつとめた。昭和56年8月3日死去。79歳。東京出身。詩集に「惑星」「朝の微風」「航路」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

勝承夫の関連キーワード井上康文上田敏雄岡田刀水士長田恒雄加藤一夫国木田虎雄沢ゆき陀田勘助棚夏針手正富汪洋

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone