コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝承夫 かつ よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝承夫 かつ-よしお

1902-1981 大正-昭和時代の詩人。
明治35年1月29日生まれ。東洋大在学中,宵島俊吉の名で,正富汪洋(おうよう)主宰の「新進詩人」に作品を発表。「新詩人」「紀元」の創刊にかかわる。のちビクター専属となり,「歌の町」「灯台守」などの作詞で知られ,日本音楽著作権協会会長もつとめた。昭和56年8月3日死去。79歳。東京出身。詩集に「惑星」「朝の微風」「航路」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝承夫の関連キーワードとうだいもり故郷の人々昭和時代こぎつね