灯火管制(読み)トウカカンセイ

デジタル大辞泉の解説

とうか‐かんせい〔トウクワクワンセイ〕【灯火管制】

夜間、空襲に備え、灯火を消したり覆ったりして光がもれないようにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯火管制の言及

【防空演習】より

…空襲を想定して,被害を最小限にくいとめるためにおこなった訓練。日本での最初の灯火管制訓練は,1919年に横須賀でおこなわれた。本格的な灯火管制をともなった防空演習は,28年7月5~7日に大阪でおこなわれた。…

※「灯火管制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯火管制の関連情報