コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灯火管制 トウカカンセイ

デジタル大辞泉の解説

とうか‐かんせい〔トウクワクワンセイ〕【灯火管制】

夜間、空襲に備え、灯火を消したり覆ったりして光がもれないようにすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の灯火管制の言及

【防空演習】より

…空襲を想定して,被害を最小限にくいとめるためにおこなった訓練。日本での最初の灯火管制訓練は,1919年に横須賀でおこなわれた。本格的な灯火管制をともなった防空演習は,28年7月5~7日に大阪でおこなわれた。…

※「灯火管制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

灯火管制の関連キーワード戦時刑事特別法ブラックアウト鴨川納涼床防空演習民間防衛防空法バーデ管制BO夜間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯火管制の関連情報