コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰占(読み)ハイウラ

大辞林 第三版の解説

はいうら【灰占】

昔、埋み火や火桶ひおけなどの灰を搔いて吉凶を占ったこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の灰占の言及

【灰】より

…ここでも灰は死者の食物とされており,同時に死霊を払うという性質をもつものとも考えられている。 灰は卜占にも用いられ,灰占(はいうら)といって埋火や火桶の灰を見て吉凶を占う。徳島県三好郡祖谷山村では,死後6日目に家の入口に灰を入れた膳を置いて,そこについた足跡で死者が何に生まれかわったかを知るという。…

※「灰占」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる