コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火桶 ひおけ

4件 の用語解説(火桶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火桶
ひおけ

調度の一つ。丸型の木製の火鉢で,円火鉢ともいう。桐の木などをくりぬいてつくる。平安時代の頃から上流階級の間に用いられ,外側に山水,洲浜,竹にうぐいすなどを描いた絵火桶も用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐おけ〔‐をけ〕【火×桶】

木製の丸形の火鉢。表面は木地のまま、または漆を塗り、蒔絵(まきえ)などを施し、内側に金属板を張ったもの。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひおけ【火桶】

木製の火鉢。内側を金属板で張り、外側の木地には漆を塗り、蒔絵まきえを施すなどしたもの。 [季] 冬。 《 -抱く三時といへば夕ごころ /皆吉爽雨 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火桶
ひおけ

暖房具の一種。『枕草子(まくらのそうし)』にみえるように古くから使われてきた。キリの木をくりぬいたりヒノキ材を曲げたりして、内に真鍮(しんちゅう)を張り灰を入れ、あるいは、こね土製の火入れを置いて炭火によって暖をとった。木炭の普及と、薪(たきぎ)を求めがたい都市風の生活によって広く利用されるようになった。火櫃(ひびつ)が炉や部屋に据え付けられた四角い火鉢であるのに対して、火桶は持ち運びができる丸火鉢という違いがある。多数の者が集まる場合には今日でも使われることがある。[天野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火桶の言及

【火鉢】より

… 火鉢は和風住宅の暖房器具を代表するものといえる。古くは火桶(ひおけ),火櫃(ひびつ),炭桶,炭櫃などといわれたが,基本的には火鉢と同じものである。元来,火桶,炭桶は木製曲物(まげもの)または刳物の容器,火櫃,炭櫃は木製指物の容器をいうが,実際には瓦製なども火桶とよんでいた。…

※「火桶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火桶の関連キーワード二胡木釘酒槽めんぱ木製いじこ鉄鋤簀板揚げ箸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火桶の関連情報